オゾンの力で気になるトイレのニオイを解消できるか!?「オゾンの力 for トイレ」を試す(4)

「オゾンの力 for トイレ」の記事も4回目。

気になっていた4つの項目のうち2つは前回書きました。
今回は、残りの2つについて書いてみたいと思います。

3.設置場所とセンサーの動作

丸い半透明のセンサーが、前面の中央にあります。

前にも書きましたが、使う前から気になっていたのは、うちのトイレで人感センサーが動作するかどうか。

というのも、うちのトイレのコンセントの位置と、「オゾンの力 for トイレ」のセンサーが反応する範囲を考えると、ちょっと難しいように思えたからです。

マニュアルに書かれているセンサーの有効範囲が次の写真

そしてわが家のトイレのコンセントの位置は次の写真のとおり

こんな感じなので、ギリギリ、センサーの範囲から外れているように感じたのですが・・

でも結局、ちゃんと動作しました。

動作中にトイレのフタを開けると、動作停止するんです。

というわけで、この点に関してはわが家では問題ありませんでした。

4.防水機能は?

残る防水機能は、結論から言えばこの製品にはついていません。
マニュアルに、水がかからないように気を付けるようにと注意書きがありました。

わが家には小学生の男の子がおり、普段手を洗った後の水滴を壁や床などにこぼして怒られています。
さらにタオル掛けの位置がコンセントの真上というのも引っかかっていました。

そしておしっこをかけてしまわないかどうか・・。

でもまぁよくよく考えてみると、ちょっと考えすぎだったかもしれません。

手を洗った後の水滴といっても、製品のスリットに壊れるほど水が入り込むのはそうないでしょうし、増しておしっこをかけることがあるかと考えてみても、ずいぶん前に数えるほどしかありませんでした・・。

実際1か月ほど使っていますがキレイなものです。

防水機能はあるに越したことはないかもしれませんが、それで値段が上がるくらいならいらない程度のものでした。
少なくともわが家では。

要望があるとすれば・・・完全手動モードが欲しい!!

この製品は基本的に、動作と停止を交互に繰り返します。

トイレモードとルームモードでそれぞれ、動作と停止の時間の差がありますが、ずっと稼働しているわけです。

ですが、普通の家庭でそんなに頻繁にトイレに入ることって、ないように思います。

しかもニオイがきつい時間は相当少ないのでは?

そういう意味では、ニオイを消したいときに動作させることができて、あとは止まっていてくれたほうがありがたいな~と思いました。

うちのママ的には、少しでも電気代が少ない方がいいので、そういうモードがあればもっとよかったのにな~ということのようです。

家が古い場合や、居住者が多い場合など、ニオイがきつくなってしまったトイレなどもあると思うので、そういう場合にはこのままでも最適だと思うのですが、できればそういう省エネモードがあるともっといいように感じました。

まとめ

というわけで、しばらく続けて「オゾンの力 for トイレ」について書いてみました。

いろいろと書きましたが、動作モードの表現には引っかかったものの、わが家にはとてもありがたい製品でした。

気になっていたニオイも、ほとんど気にならなくなりましたし、ニオイに敏感なパパも満足そうです。

ついでにパパの小うるさいところも消してくれるともっとありがたいんだけどなぁ~ww

ちなみに「オゾンの力」にはバリエーションがあり、「オゾンの力 for ルーム」や「オゾンの力 for シューズ」という製品もあるようです

ルームというのは、たぶんクローゼットとかかな?夏になるときになる生ゴミのニオイ対策にも良さそう。
シューズというのは玄関や下駄箱用なんでしょうね。

気になる人はチェックしてみてはいかがですか?

コメントは受け付けていません。