手のひらサイズのしろねこさんとさばとらさんがわが家にやってきた!「ニードルフェルトでねこあつめ」

ちまたではもうずっと、ねこあつめが人気のようですね。
とてもかわいいので人気なのもわかります。

わが家でも、ママとがハマってます。

そんな中、あのディアゴスティーニからニードルフェルトでねこあつめが発売されています。
アクレーヌという生地(アクリルの綿?)を、専用のニードルをチクチクつついて形にしていくもので、各号で一匹分ずつ材料が入ってます。

ママは少し迷ってご購入。しかも2号続けて。
創刊号がしろねこさん、第2号がさばとらさんです。

しろねこさんは1体目だったので、胴体が伸びているというか崩れているというか、ちょっと形が微妙なところがありますが、さばとらさんは2体目で慣れてきたのか仕上がりが良いです。

作り方は、 細長く数本に分けたアクレーヌの一本を巻き、形を整えながら何度もニードルでチクチクつついて頭や胴体などの芯を作ります。

そしてさらに分けたアクレーヌを巻いてチクチクして、最後にフェルトでできた目や口、シマなどのパーツを貼り付けて仕上げです。

最初しろねこさんを作っている時には、ママがニードルで指先を何度も刺してしまって、

「しろねこさんじゃなくて、あかねこさんになるかも・・」なんて言っていましたが、とびっきりとは言わないけど、それなりに上手に出来ているみたいなので、写真撮りました。

なかなかかわいいですね。

ねこあつめをプレイしている人にとっては、たまらないんじゃないでしょうか?

 

でもこれ、冊子に載っているねこちゃんたちを数えてみたら23匹だったので、案外少ないと思っていたら・・なんと70号まで予定されているそうです。

さすがディアゴスティーニ・・いつもの感じで、なかなかの金額になりそうです。

 

ママが全部揃えるつもりなのかどうかがちょっと心配・・

だけどこういうのって、作るのも集めるのも楽しいんだよな〜

さて、わがやでは何匹飼うことになるんでしょうね!

コメントは受け付けていません。